赤ちゃんやママにとって、健康な体づくりに必要な栄養素である葉酸。

近年、その重要性が様々な形で発信され、妊娠中の方々だけでなく、スムーズに赤ちゃんを授かるための体づくりを心がけている方や、産後授乳中の方など、積極的に葉酸を取り入れたいとお考えの方が増えてきています。

たしかに、葉酸の効果はとても魅力的ではありますが、その安全性について気になるという声も聞かれます。

 

妊娠中となると、お腹の赤ちゃんに影響してしまわないかという不安から、サプリメントを飲むこと自体、躊躇してしまう方もおられるかもしれません。

また、出産を終えたママの体は、想像を絶するほどの疲労によって、かなりのダメージを受けています。

その状態であっても、赤ちゃんのために母乳をあげるというのは、とても大変なことです。

出産によるダメージを受けた体の早期回復や、良質な母乳を赤ちゃんにあげたいとの願いから、ベルタ葉酸サプリに興味を持たれたという方も多くおられるかと思います。

 

では実際のところ、ベルタ葉酸サプリを服用することで、どれほどの効果が期待できるのでしょうか?

そこで、今回は「ベルタ葉酸サプリは、妊娠中や授乳中でも問題なく飲める葉酸サプリなの?添加物は大丈夫?」という疑問について、詳しく調べてみました。

 

妊娠中や授乳中でもベルタ葉酸サプリを飲んで平気?気になる安全性は?

実際に使用された方からのレビューも好評ということで、話題のベルタ葉酸サプリ。

まず、なぜ妊娠中に葉酸を取り入れた方が良いのでしょうか?

妊娠中に葉酸を摂取することで、お腹の中の赤ちゃんが先天性の病気を持って生まれてくるリスクを下げる効果があるとされています。

そこで、日常生活で不足しがちな葉酸を、サプリメントで補う必要性があるのです。

 

しかし、最近では数多くの葉酸サプリが販売されています。

その中で、ベルタ葉酸サプリがこれほどまでに支持されているのはなぜでしょう?

その人気には、きちんとした理由があります。

 

まず、ベルタ葉酸サプリには、体内で吸収されやすい葉酸が配合されているという点が挙げられます。

不足しがちな葉酸を補うために飲むわけですから、より効率的に摂取できるものが良いということで、ベルタ葉酸サプリを選ばれる方が多くおられます。

 

また、ベルタ葉酸サプリの場合、葉酸以外の栄養素も豊富に配合されていることから、人気商品というのも頷けますね。

以上のことから、ベルタ葉酸サプリの人気の理由について、ご理解頂けたかと思いますので、気になるその安全性について解説していきたいと思います。

 

製造場所はGMP認定工場

商品の安全性について調べてみたところ、ベルタ葉酸サプリは日本国内にある

 

「GMP認定工場」

 

というところで製造されていることが分かりました。

このGMP認定工場とは、一定の品質基準を満たし、安全に製造しているということを認められた工場であるということです。

認定されるためのGMP基準には、

 

「健康食品GMP」

 

「医薬品GMP」

 

の2つがあり、このうちベルタ葉酸サプリを製造する工場は、より厳しいとされる医薬品GMPの基準をクリアしています。

とは言え、いまいち実感しにくいところではありますが、国際基準に沿って厳しい品質管理が行われているということですので、妊娠中の方も安心して服用することができると言えます。

 

18の製造チェック工程をクリア

ベルタ葉酸サプリは、先程ご紹介したGMP認定工場にて、厳密な検査が行われています。

製造チェック体制に関しては、放射能チェックをはじめ、重量チェックや残留農薬検査、クリーニングから選別まで、生産過程から出荷に至るまでにおいて、全部で18ものチェック工程をクリアしたもののみが出荷・販売されます。

そのため、品質の悪いものは徹底的に排除される仕組みになっているので、安全性が特に気になる妊婦さんにも安心して摂取できる成分になっています。

 

無添加製法

無添加と記載されているベルタ葉酸サプリですが、公式サイトを確認してみると、原材料に着色料として

 

「βカロテン」

 

が使用されていることが分かりました。

そのことから、実は無添加じゃないのでは?と不安になりますが、そうではありません。

と言うのも、このβカロテンという成分には、摂取後に体内でビタミンAに変換されるという性質があり、赤ちゃんやママの体に悪影響を与えるような害はありません。

 

それどこか、βカロテンには動脈硬化やがんを予防する働きがあるとされているほどで、危険性はまったくありません。

つまり、ベルタ葉酸サプリの公式サイトで言うところの

 

「無添加」

 

とは、危険性のある添加物を含んでいないという意味で表記されているものです。

裏を返せば、危険性のない添加物が含まれているというのは事実です。

ただし、先ほど解説したβカロテンをはじめ、添加物であってもこだわり抜いた安全性の高いもののみを厳選し、わずか数種類だけを使用していることを踏まえると、やはり使用する妊婦さんのことを配慮した葉酸サプリだといえます。

 

天然成分配合で安心安全

葉酸をはじめ、豊富な栄養素を含むベルタ葉酸サプリですが、その配合されているほとんどの成分が自然由来のものです。

実際に原材料欄をみるとお分かりいただけるかと思いますが、人工的に作られた合成成分などは含まれておらず、野菜をメインとした豊富な成分が配合されています。

摂取するものに対して、その安全性が特に気になる妊婦さんにとっても優しい成分だけで作られているサプリメントですので、安心して飲み続けることができますね。

 

副作用のリスクは?

葉酸サプリを取り入れる場合、妊娠前・妊娠中・出産後に分けてみてみると、最も摂取する期間が長くなるのは妊娠中ということになります。

この時期は、体調が優れないことも多いことから、サプリメントを服用後の副作用が心配で、なかなか購入に踏み切れないという方も多くおられるのではないでしょうか?

 

実際に、インターネットでベルタ葉酸サプリについて検索してみても、その副作用について不安に思われている方の声が多く聞かれました。

やはり、妊娠中はデリケートな時期ということもあって、同じ疑問を持たれる方が多いようです。

 

肝心のベルタ葉酸サプリに関してですが、結論から言えば、副作用がでる心配はありません。

というのも、サプリメントとは、医薬品のように即効性のある強い効果を及ぼすようなものではありません。

あくまでも、続けることで徐々に効果があらわれるものであり、医薬品よりも効き方が穏やかなことから、副作用の心配はないといえます。

 

ただし、副作用の心配がないとは言え、一部例外もありますし、継続して過剰摂取した場合や、医薬品との飲み合わせによっては、副作用の症状が出る可能性はあります。

そのため、サプリメントを服用する際には、用法用量を正しく守り、飲み方に十分注意しましょう。

 

上記のように、ベルタ葉酸サプリは正しい飲み方で服用すれば、副作用の心配もなく、十分な効果が期待できます。

 

授乳中の体づくりにも安全性の高い「ベルタ葉酸サプリ」は最適

ここまで解説してきた通り、ベルタ葉酸サプリは、使用する成分やその品質にこだわり、安全性の非常に高い商品であることが分かりました。

そのため、赤ちゃんを望む妊活中の方や、妊娠中の方も安心して摂取できる葉酸サプリと言えますが、最もおすすめしたいのが、出産後にベルタ葉酸サプリを摂取することです。

 

出産後というのは、赤ちゃんに母乳をあげる授乳期ということになりますが、大切な我が子をできれば母乳で育てたいとお考えのママも多くおられることでしょう。

ママの体質によっては、完全母乳が難しいケースもありますが、母乳育児を成功させるためには、質の良い母乳づくりというのが重要です。

大切な赤ちゃんのため、質の良い母乳づくりをするために、まず、葉酸をはじめとするたくさんの栄養を摂らなくてはいけません。

 

そこで、手軽に栄養補助が可能な葉酸サプリを取り入れたいところですが、商品によっては添加物が多く含まれていたり、場合によっては有害な成分が含まれている可能性があります。

もし仮に、そのようなサプリメントを摂取してしまうと、母乳に影響が出てしまう危険性が考えられます。

そのようなリスクを考えると、無事出産を終えたとはいえ、授乳中であっても、やはり安全性の高いサプリメントを取り入れたいところですよね?

 

そのような場合にも、葉酸だけでなく、豊富な栄養素がしっかり摂取できて、成分の安全性が高い商品ということで、ベルタ葉酸サプリ非常におすすめです。

また、ベルタ葉酸サプリを摂取することで、良質な母乳づくりをサポートするだけでなく、産後のダイエットなど、ママの体づくりにも効果が期待できます。

 

このように、授乳期にベルタ葉酸サプリを摂取するメリットはたくさんありますので、妊娠中からベルタ葉酸サプリを飲んでいた方には、ぜひ継続して飲み続けていただきたいところですね。

 

妊娠中にベルタ葉酸サプリを飲む場合、その量は?

スムーズに赤ちゃんを授かりやすくする効果のほか、妊娠中に摂取することで、お腹の中の赤ちゃんが先天性の病気を持って生まれてくるリスクを下げる効果や、母乳の質を向上してくれる効果が期待できる葉酸。

そのメリットから、積極的に取り入れたいと栄養素ですが、基本的に1日あたりの葉酸の摂取量は400㎍とされています。

数値でみると少々分かりずらいとお感じかもしれませんが、ベルタ葉酸サプリの場合、1日4錠が目安量となっています。

しかし、これで万全というわけではありません。

 

厚生労働省の発表によると、実際に妊娠初期に必要とされる葉酸の量は、640㎍としています。

ということは、妊娠初期に必要な量640㎍から目安量の400㎍を引くと、実際には240㎍の葉酸が不足していることになります。

とは言え、必要量すべてをサプリメントで摂取しなければならないわけではありません。

 

この不足分240㎍については、サプリメントで摂ると言うよりも、食事から摂取できるよう、毎食のバランスを心がけましょう。

 

授乳中にベルタ葉酸サプリを飲む場合、摂取すべき量は?

前項で解説したように、妊娠初期の場合、一日あたりに必要な葉酸の量は640㎍ということがお分かりいただけたかと思います。

では、授乳期に必要な葉酸の量とはどのくらいなのでしょうか?

 

授乳期に葉酸を摂取する際の目安量は、一日あたり340㎍とされています。

ベルタ葉酸サプリの場合、1錠に100㎍の葉酸が含まれていますので、一日に3粒から4粒を目安に取り入れると良いでしょう。

足りない栄養素をサプリメントでフォローすることで、健康的な体づくりに効果的ですが、合わせてバランスの良い食事をとることで、より効率よく栄養を摂取することができます。

 

まとめ

今回は「ベルタ葉酸サプリは、妊娠中や授乳中でも問題なく飲める葉酸サプリなの?添加物は大丈夫?」という疑問について、まとめてみました。

口にするものの安全性に対して、特に敏感になる時期ということもあり、ベルタ葉酸サプリの使用を躊躇われている方もおられるかと思います。

 

体内で吸収されやすい良質な葉酸をはじめ、商品に使用する成分の品質にこだわり、安全性の高いベルタ葉酸サプリであれば、デリケートな妊娠中や授乳期にも安心して服用することができます。

 

お腹の中の赤ちゃんのためだけでなく、母乳育児を希望するママにも、ベルタ葉酸サプリはおすすめできる商品です。

サプリメントは、継続して服用することで、十分な効果が実感できるものですので、興味を持たれた方は、是非ベルタ葉酸サプリを始めてみてはいかがでしょうか?



ベルタ葉酸サプリ最安値公式サイトはこちら!

★最安値公式サイトはこちら★